こんな問題を抱えた方のご相談をお待ちしております

  • 過失事故で相手に怪我をさせてしまった。
      慰謝料支払いをした後で、追加であれこれ言われたくない。


  • 酔った勢いで暴行を受けて全治1ヶ月の怪我を負った。
      慰謝料を支払わせて、二度と面会しないようにしたい。


  • 宴会の後でセクハラ行為を受けた
      慰謝料支払いと接近禁止を約束させたい。


  • 一方的に婚約破棄をされた。
      精神的損害に対して慰謝料を支払わせ、秘密を守るよう条件をつけたい。


  • 配偶者の浮気が発覚した。
     浮気相手に慰謝料を支払わせて、二度と配偶者に会わないように約束させたい。


  • 交際相手が既婚者だと発覚した。
     精神的損害に対する慰謝料を支払わせ、二度と面会しないように誓約させたい。


  • 離婚することで合意した。慰謝料や養育費も大筋では決めている。
      守秘義務を盛り込んで公正証書にしたい。


  • 離婚慰謝料が分割払いなので、将来の滞納が心配だ。
      確実に回収できる離婚協議書を作成したい。

       

など。お気軽にご相談下さい。


当事務所で扱う示談書例

・離婚協議書(公正証書)
・暴行・傷害事件の示談書
・過失事故の示談書(交通事故は除く)
・不貞行為(不倫)の示談書
・婚約解消の示談書
・セクハラの示談書
・会社と従業員間のトラブル   など

このホームページでは、暴行事件やセクハラ、不倫、婚約不履行、離婚に関する慰謝料請求や、和解合意後の示談書(公正証書)作成を支援しております。

慰謝料請求に関しては、相手が非を認めている状況であるのが前提で、効果的な請求の内容証明作成を代行します。
相手が無視をしたり、慰謝料の金額に大きな食い違いがあるような場合は、相手との交渉代理権のない行政書士では対処の限界があります。そのようなケースでは弁護士事務所にご相談されることをお勧めします。

 

当ホームページで特に重視しているのが、話し合いが出来た後の示談書作成です。口頭の約束や簡易的な示談書だけでは、相手が約束を守らない場合に対応できません。せっかく話し合いがついて契約書まで作成しても、その約束が守られないのでは、今までの労力が水の泡と化します。

 

そこで当事務所では、示談が成立した案件について、その内容をよく伺い、将来に向かってのリスクを検討します。その上で、実効性があり、お客様が安心できる示談契約書を作成します。
行政書士には法律で秘密を守る義務が課せられており、お客様のプライバシーは固く守られます。
また、メールや電話を中心としたご相談の流れになるので、デリケートな問題でも心理的ご負担がかかりません。

日本全国からご依頼を承りますので、勇気を振り絞ってご相談下さい。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。


 

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



 

当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。








広告