ペ塾の講師が生徒にセクハラやわいせつ行為をした場合

学校や学習塾という環境において、指導者という立場を悪用した生徒へのセクハラ行為が問題となることもあります。
一般的には女子生徒が被害に遭うことが多いのですが、従属的な立場で強く拒否できなかったり、家族にも相談し難いという面が問題発覚を妨げる傾向にあります。
このような指導者による性的接触の強要に関しての判例を挙げてみます。

学習塾教室での補習授業中に、生徒が断ったにも関わらず、経営者が背中から腰のあたりをマッサージし、首に腕を回して体に覆いかぶさり、顔面を頬にすりよせ、接吻するような仕草をし、制止しても止めなかった。
これに対し原告は300万円を請求して訴訟を提起し、60万円の認容となった。
(平10・11・24 東京地判 判時1682-66)

指導者から教え子に対するセクハラの慰謝料が、60万円が高額か低額かは見解の分かれるところですが、その継続性や生徒に与えるダメージの度合いによって評価されるところです。
このような問題に関しては、父母を交えて協議し、再発予防や生徒の立ち直りを優先して結論を出したいものです。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告