性交渉の不存在が離婚原因となるケース

民法では第770条に離婚となる正当な原因を定めています。
具体的には、配偶者の不貞行為・悪意の遺棄・生死が3年以上不明・強度の精神病・その他婚姻を継続し難い重大な事由が列挙されています。

配偶者が一定の期間に正当な理由無く性交渉を拒み続ける場合も、婚姻を継続し難い重大な事由となり、離婚の正当な原因として認められる傾向にあります。
このような性交渉の不存在が離婚原因となる場合に、性交渉を拒む配偶者は精神的損害に対する慰謝料を相手方に支払うように命じる判例もあります。

 

婚姻9ヶ月で妻の性交渉拒否により離婚に至ったとして、夫は妻に対して500万円の慰謝料を請求した。
裁判では婚姻関係の破綻は、妻の性交渉拒否にあると認定。夫婦の性交渉は通常伴うべき婚姻の営みであって、当事者がこれに期待する感情を抱くことは至極当たり前の自然の発露である。したがって、妻は夫の受けた精神的苦痛を慰謝すべき義務を負うとして、150万円の慰謝料を認容した。
(平3・3・29 岡山地津山支判)

 

婚姻当初から正当な理由も無く性交渉を拒み続けるケースは、離婚原因となり場合によっては慰謝料の支払い義務も生じるということです。
但し、配偶者の体調不良など性交渉に応じられない理由があれば、これを離婚原因とすることはできません。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告