セクハラ事件の判例に見る慰謝料認容額

セクシャル・ハラスメント(セクハラ)とは、雇用上の関係を利用して行われる相手の意に反する性的な言動ですが、もっと広く解釈して、雇用関係を問わず、相手の意に反する性的な言動と捉えることもあります。

以下にセクハラに関する数件の判例を見てみます。

 

入社後間もない女性に対し、「したことないねんなあ。処女か」「AVのビデオ見たことあるか」「わし、あんたが欲しいねん」などと言って、社長がホテルへ誘うなどした。
女性は150万円を請求し、50万円が認容された。
(平7・8・29大阪地判 判タ893-203)

 

職務上の懇親会の後、自らの性器を露出させた校長が、女性教師の手を無理矢理つかんで性器にこすりつけた。
女性教師は300万円を請求し、50万円が認容された。
(平8.4・15東京地八王子支判 判タ924-237)

 

会社社長が女性従業員に対して、継続的に後ろから抱きついたり、スカート内に手を入れたりして、料理屋で酒を飲ませモーテルへ連れ込み姦淫した。
その後、女性従業員は退職を余儀なくされた。
女性従業員は300万円を請求し、300万円が認容された。
(平10・3・6千葉地判 判タ1026-240)

 

修士論文の指導をする助教授が、女子大学院生に対し関係を迫り、三回に渡ってホテルで肉体関係まで結ばせた。
女子大学院生が関係を拒絶すると、露骨な報復行為をした。
女子大学院生は1,000万円を請求し、750万円が認容された。
(平11・5.24仙台地判 判タ1013-182)

 

判例の傾向としては、従属的関係にある相手に無理矢理に姦淫をした事例には、高額な慰謝料を認容しています。
一方で、性交渉に至らない言葉や接触止まりのセクハラ行為に関しては、50万円~100万円程度の認容額となっています。
継続性のない言葉や接触のみのセクハラ行為に関しては、更に低額になるものと思われます。

セクハラ事件について、示談で解決を図る場合には、以上のような金額が一つの目安となるでしょう。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告