セクハラと示談

セクハラや痴漢は警察で刑事告訴の手続きをすれば加害者を強制わいせつ罪などの罪に問えます。状況によっては。強姦罪が成立することもあるでしょう。
このような性犯罪については、警察も司法も厳罰で対応する傾向にあるようです。

また、このような被害については民事でも主に精神的損害に対しての損害賠償請求ができます。被害に遭われた方は対人恐怖や通勤への嫌悪感などで精神的疾患に追い込まれることも多いものです。その精神的損害を金銭で賠償してもらうということですね。

 

こうした性犯罪については、加害者と被害者の双方が表沙汰にしたくないという思惑が働くものです。
加害者にとっては性犯罪という前科がつくのは不都合ですし、被害者も事件の性質から出来るだけ内密に解決を図りたいと考えることが多いようです。

加害者に反省の気持ちがあり、被害者も補償をしてもらい立ち直ることを優先したいという考えに至れば、両者が協議をして示談によって解決するという方向性が見出せます。

ただ、ここで口頭での話だけで終わらせたら双方にリスクが残ります。

 

加害者は「相手が周囲の人の助言で警察に届出するかもしれない」「後から追加で費用請求されたら困る」という不安が拭えません。

 

被害者は「お金で解決したと安心されて、安易に再発するかもしれない」「自分のいないところでデタラメな噂を流されたら困る」というような懸念があるでしょう。

 

このような双方の不安を封じきるのが示談書の役割です。
こうしたケースでの示談書作成については、経験豊富な当事務所にお任せ下さい。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告