騒音や悪臭等の相隣問題

相隣関係において、騒音についての慰謝料が認められるには、通常の受忍限度を超える騒音が継続していることが要件となります。(つまり、ある程度の我慢は必要です。)
騒音を問題とした判例を、いくつか参照してみます。

隣接する田地における砂利採集作業の騒音により、飼育していた雉の大半を失った事案。加害会社は被害者との協議を拒み、何の騒音対策も取らなかった。被害者に30万円の慰謝料が認容された。
(福岡高判 昭62・2・25 判タ655-176)

 

隣地のカラオケボックスからの騒音が、午前0時以降の排出基準を超え、違法性があったと認定された事案。3名の被害者のうち、1名は甲状腺機能亢進症と診断された。甲状腺機能亢進症の被害者には30万円、その他の被害者には20万円の慰謝料が認容された。
(札幌地判 平3・5・10 判時1403-91)

 

家主の飼育するシェパードの鳴き声や悪臭による迷惑被害に対し、10万円の慰謝料が認容された。
(京都地判 平3・1・24 判タ769-197)

 

以上のように、騒音や悪臭については、健康被害に結びついているものは慰謝料も高額認容の可能性はありますが、概ね10万円から50万円までの低額で認容されている事例が多いです。

相隣関係で、騒音や悪臭に関して、示談により解決を図る場合は、このような判例を参考にして慰謝料を取り決めすると良いでしょう。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告