慰謝料請求をするには

何らかのトラブルがあって、それを解決する手段としては、慰謝料の支払いや謝意を示す示談書の作成というのが有効な方法になるかと思います。

ただ、慰謝料の金額や示談内容の合意に至るまでは、いろいろな問題に直面します。
感情的なわだかまりが解けず、示談に応じなかったり、慰謝料の金額で折り合いがつかなかったりするケースは多いです。

 

一般的には事件の後に、電話やメールなどで相手方と交渉します。その段階で話がまとまらない場合は、内容証明郵便で事件の概要と慰謝料請求をする法的根拠を述べ、要求を聞き入れない場合は刑事的対応や裁判手続をすると予告します。
(それでも交渉が揉める場合は、裁判で決着をつけるしかなくなります。)

 

互いに裁判まで争う気が無い場合は、示談内容の条件を緩和して、合意できる着地点を取り決めします。

合意が出来た場合は、口約束で終わらせずに、示談書を作成して事件の幕引きをします。

 

口約束だと、後から気が変わって、合意した条件を反故にされるリスクがあります。
そこで、合意内容を明確にするため、必ず示談書を作成するようにします。
(慰謝料を分割払いにするような場合は、確実な履行をさせるため、公正証書を作成するのが望ましいです。)

 

慰謝料の請求手続としての内容証明郵便と、和解後の示談書作成はセットで考えましょう。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。


 

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



 

当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。








広告