不倫をやめさせる誓約書について

夫や妻の浮気が判明した場合には、まずは夫婦間で話し合いをする必要があります。
そして、不倫をやめて家庭を大事にするということが決まれば、やり直すための努力をしていくことになります。

 

ただ、不倫というのは相手があることなので、交際相手にも不倫をやめるように釘をさしておく必要があります。

夫婦の話し合いで不倫をやめる決心をしても、職場などで交際相手と顔を合わす機会があれば、時間の経過とともに不倫関係が再発してしまうことも多いものです。

そのため、夫婦間で話し合いをするだけでなく、交際相手にも反省をしてもらい、二度と密会をしないように心理的拘束をかけておくのです。

 

交際相手の反省をうながすためには、精神的損害に対する慰謝料を請求したり、不倫関係を解消するための誓約文書を書いてもらうという方法があります。

単なる反省文としての誓約書では、示談として解決(和解)することの証明が弱く、違反したときの罰則の法的効力も発揮されません。

そこで、慰謝料を支払ってもらった上で、二度と密会をしないことを誓約させ、違反した場合の罰則も定める示談書を作成するのが最も確実な対策といえます。

こうした示談書は書いた内容のバランス感覚も大事であり、あまりに一方的なものだと話が決裂してしまうリスクが高くなります。

 

しかし、あまりに簡略すぎる内容では、不倫再発などの以後のトラブルの際に役立ちません。(また、以後のトラブルを予防する効果が期待できません。)

トラブルで混乱しているときには、示談書の内容を落ち着いて検討できないということもあります。
そのようなお困りごとがあれば、実績豊富な当事務所にお任せ下さい。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。


当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告