離婚と不倫の問題を解決|ダブル不倫の清算

ダブル不倫が発覚して、離婚と相手方からの不倫慰謝料請求の2つの問題に直面すると悩みは深まるものです。
家庭内での話し合いと相手方への謝罪などの対応で、心身ともに疲れ果ててしまいます。

 

こうした複雑な問題に対処するには、まずは解決しやすい方から手を付けて片付けてから、厄介な方に本腰を据えて取り組むのがよいでしょう。
両方の問題を長引かせてしまうと、精神的にもかなり追い込まれてしまいます。そうなる前に順を追って解決したいものです。

 

一般論としては、自身の離婚協議よりは不倫の相手方配偶者との話し合いの方が決着は早いので、相手方からの請求には誠実に対応するべきです。
不倫トラブルでは、相手方も早期に解決することを望むので、誠意をもった謝罪と慰謝料の支払いをする用意があることを伝えれば、示談書を交わして短期間で解決できることが多いです。
慰謝料額としては、相手方が離婚をする場合は100~200万円、離婚しない場合は30~100万円くらいにするケースが多くなっています。(相手方の損害の程度や自身の収入によって金額は交渉ということになります。)

 

自身の離婚については、子どもの養育や親戚、仕事への影響など、話し合いをしなければならないことが多いので、どうしても時間はかかります。
不倫が原因の離婚であれば、配偶者に対して慰謝料の支払いも必要になってきます。金額も大きくなるため分割払いで対応し、離婚協議の内容を公正証書にするという対応も求められます。

 

このような問題に追われていると、示談書や離婚協議書の内容を検討することにまで気が回らなくなるものです。
あまりにも過酷な条件で書類作成をしてしまうと、後から苦労することになります。

示談書や離婚協議書は専門家に書類作成を依頼すれば、客観的な視点で助言が得られるので、極端に不利な内容で決まってしまうという不安もなくなります。
こうした問題でお悩みでしたら、当サイトに書類作成をお任せ下さい。

 

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。


当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告