職場でのセクハラをやめさせる誓約書

職場でのセクハラが起きた場合は、被害者が勤務先を退職するか、それとも仕事を続けるのかで対応が変わってきます。

セクハラが原因で被害者が勤務先を退職する場合には、精神的・肉体的損害だけではなく、収入を失うという経済的損害も発生します。
勤務時間内などの会社の管理下でに起こったセクハラ行為であれば、雇用主である会社の管理責任も問われる問題となり、加害者と会社の両者が補償をすることもありえます。
(その場合は、会社に生じた損害について、会社が加害者に対して損害賠償の求償をすることも検討できます。)

 

セクハラによって仕事を失うことは、単に一時的な収入を失うという損害だけでは無く、再就職の困難さや収入の落ち込みも考慮しなくてはなりません。
また、対人恐怖症などの精神的疾患に悩まされると新しく就業するのも困難になることもあります。
そこは被害者の方の状況をよく鑑みて、損害賠償金の金額を決めることになります。
(医師の診断書による療養の見込み期間を参考にして、金額を話し合うことになります。)

 

事件の後も被害者が仕事を続けることを希望される場合には、加害者は慰謝料の支払いをするとともに、以後のセクハラの再発予防に努めなくてはなりません。
当事者間では、接近禁止や私的連絡の禁止などの契約をして、違反しないように罰金を設けることも必要でしょう
また、加害者が上司になる場合は、被害者に対して職務での不利益処分をしないように誓約させることも必要です。

 

会社がセクハラの事実を把握している場合には、会社と被害者の間で再発予防について契約をすることも検討できます。

セクハラや傷害事件は、刑事告訴の対象にもなるので、その扱いについても示談書に記載しておくことが求められます。

こうしたトラブルでの誓約書や示談書の作成は、実績豊富な当事務所にお任せ下さい。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。


当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告